catch-img

コワーキングスペースとは?使うメリットや選び方などを解説

企業成長におけるサポートが充実したコワーキングスペース「co-ba」コワーキングスペースの詳細はこちら

昨今はテレワークの発達や副業の浸透などにより、オフィス以外で働く人も増えています。そんな中で注目が高まりつつある施設のひとつが、コワーキングスペースです。

コワーキングスペースはさまざまな人が同じ空間で仕事・作業を行います。
自宅やオフィスでは得られない、コワーキングスペースならではのメリットが多数あります。
また自身に合ったコワーキングスペースを利用するには、選び方を知ることも大切です。

本記事ではコワーキングスペースについて、概要やメリット、選び方などを解説します。

目次[非表示]

  1. 1.コワーキングスペースとは
    1. 1.1.共有型オープンスタイルのオフィススペース
    2. 1.2.シェアオフィスとの違い
    3. 1.3.レンタルオフィスとの違い
  2. 2.コワーキングスペースのメリット
    1. 2.1.仕事に必要な設備・環境が整っている
    2. 2.2.自身に合った使い方がしやすい
    3. 2.3.仕事や作業に集中できる
    4. 2.4.他の利用者との交流によるビジネスチャンスが得られる可能性
  3. 3.コワーキングスペースの選び方
    1. 3.1.コワーキングスペースを利用する目的を明確にする
    2. 3.2.利用頻度や目的に合わせ料金体系を選ぶ
    3. 3.3.お試しでドロップインを利用するのも有
  4. 4.まとめ
  5. 5.多様な感性を持った人たちが集まるコワーキングスペースを上手に活用しよう
  6. 6.関連記事

コワーキングスペースとは

コワーキングスペースとは、「Co(共同の、共同で)」と「Working(仕事をする、働く)」を組み合わせた造語です。

コワーキングスペースの具体的な意味や、似た用語との違いについて解説します。


共有型オープンスタイルのオフィススペース

コワーキングスペースは少し堅い言い方をすると、共有型オープンスタイルのオフィススペースです。
個別の専用スペースではなく、他者とひとつの空間を共有します。多くの人が集い、個々に仕事・作業を行います。デスクや椅子をはじめ、スペース内にある備品はルールの下で自由に利用可能です。

利用の条件は特になく、料金さえ支払えば誰でもコワーキングスペースを利用できます。

傾向としてはフリーランスや起業したばかりの人、少人数のスタートアップ企業などの利用者が多いです。


シェアオフィスとの違い

シェアオフィスもコワーキングスペースと同様、共有して使うオフィス空間を意味します。
ただしコワーキングスペースに比べると、より個々で利用する傾向が強いです。

シェアオフィスとして運営する施設は、個室や個別スペースが用意されているケースが多くみられます。そのため個人だけでなく、自社オフィスを有しない小規模企業による利用が多いです。

コワーキングスペースは利用者同士の交流やコミュニティ形成を推進する傾向が強いですが、シェアオフィスではそれほど交流を重視しているわけではありません。

ただし上記のような特徴はあくまで傾向で、コワーキングスペースとシェアオフィスという呼称に、厳密な区別は存在しません。

コワーキングスペースのように、ひとつの空間を共有で使うシェアオフィスも存在します。また備品についても、コワーキングスペースと同様に共有が多いです。

シェアオフィスの方が個室が用意されている傾向が強いと考えると良いでしょう。


レンタルオフィスとの違い

レンタルオフィスはシェアオフィスよりも、さらに個別で利用する傾向が強いです。

オフィス空間は共有ですが、個々のスペースがパーテーションや壁などで区切られています。契約者は自身の契約したスペースを、専用スペースとして利用できます。

またレンタルオフィスには、登記住所として利用可能な施設も多いです。施設によってはコンシェルジュによる受付・電話サービスも行っています。

ひとつの空間を多くの人が共有する点はコワーキングスペースと同じですが、利用者が占有スペースをもつ場合が多いなど、より個別で利用する傾向が強まった施設です。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


コワーキングスペースのメリット

コワーキングスペースには以下のメリットがあります。

・仕事に必要な設備・環境が整っている
・自身に合った使い方がしやすい
・仕事や作業に集中できる
・他の利用者との交流によるビジネスチャンスが得られる可能性

メリットについてそれぞれ解説します。


仕事に必要な設備・環境が整っている

コワーキングスペースの多くは、仕事に必要な設備・環境が整っているため、仕事をスムーズに進めやすいです。

プリンターのように大きなオフィス機器から細かな文具類まで、仕事で使う備品をすべて揃えるのは大変です。莫大な初期費用および固定費がかかり、負担が大きくなってしまいます。

コワーキングスペースは備品・環境ともに十分に整えられた施設です。
そのため、自身で用意する手間や負担を最小限にしつつ、仕事に必要なものを自由に利用できます。


自身に合った使い方がしやすい

コワーキングスペースは自由度が高く、自身に合った使い方がしやすいです。

コワーキングスペースは1日のみ単発利用の「ドロップイン」または「月額制」を選べる施設が多いです。施設によっては夜間特別料金や、土日祝日プラン、月◯日プランなど様々なプランが用意されています。

自分のスタイルに合わせやすいため、無理なく無駄なく、仕事場を確保することができます。


仕事や作業に集中できる

仕事や作業に集中できる点も、コワーキングスペースの大きなメリットです。

自宅で一人で作業しようとすると、人の目がないため怠けてしまうケースが多いです。カフェは適度な雑音があり集中しやすいですが、長時間利用に対する懸念が存在します。どちらの場合も、長時間集中しての作業がしにくいと感じるケースが少なくありません。

コワーキングスペースは適度な雑音と長時間の利用しやすさ、どちらも兼ね備えています。
したがって仕事や作業に集中しやすい環境です。


他の利用者との交流によるビジネスチャンスが得られる可能性

コワーキングスペースでは、他の利用者との交流によるビジネスチャンスの獲得や、コミュニティ形成ができる可能性があります。

フリーランスや起業したばかりの人、スタートアップ企業の場合、交流による情報交換やコミュニティが非常に重要です。コワーキングスペースでは異なる立場の人々がひとつの空間で仕事をするため、交流がしやすくなります。
個々の空間で仕事をするよりも遥かに、他者とのコミュニケーションが促進されます。

交流やコミュニティを目的にコワーキングスペースを利用するのも良い使い方です。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


コワーキングスペースの選び方

一口にコワーキングスペースといっても、施設によってサービス内容や特徴が異なります。
効率良く仕事を行うには、自身に合ったコワーキングスペースの利用が大切です。

コワーキングスペースの選び方について解説します。


コワーキングスペースを利用する目的を明確にする

自身に合ったコワーキングスペースを選ぶには、まずは利用目的の明確化が必要です。
目的によって必要な設備や選ぶべき施設の特徴が異なるため、なぜコワーキングスペースを使うのかハッキリすると選びやすくなります。

利用目的の例をいくつか紹介します。

・長時間集中して仕事・作業をしたい自宅にない設備(プリンターなど)を利用したい
・自宅ではやりにくい特定の仕事をしたい(高速Wi-Fiが必要、さまざまな文具類を使うなど)
・同じような働き方をする人と交流したい
・コミュニティを形成したい、コミュニティの拠点としたい

設備の充実度を重視するか、交流しやすさを重視するかなど、大まかな方向性だけでも決めると良いでしょう。


利用頻度や目的に合わせ料金体系を選ぶ

コワーキングスペースを効率良く利用するためには、料金体系の選び方も重要です。

すでに触れたように、コワーキングスペースはさまざまな料金体系があります。施設によって用意しているプランが異なるため、よりお得に使うため、料金体系で選ぶのもひとつの手段です。

一例ですが、おすすめのプランを紹介します。

・個人事業主もしくは起業しており、日中に利用したい:月額制(平日昼プラン)
・普段は会社員であり、副業のために利用したい:夜間プラン、土日祝プラン
・気分転換としてたまに利用したい:ドロップイン
・時間を問わず好きな時に使いたい:24時間プラン

理想的な使い方ができそうなプラン・料金体系を用意しているコワーキングスペースを選ぶと良いでしょう。


お試しでドロップインを利用するのも有

コワーキングスペース選びでお悩みであれば、お試しでドロップインを利用するのが便利です。施設の使い勝手や居心地の良さは、実際に利用してみないとわからない部分が大きいです。

条件とぴったり一致する施設が見つかった場合はともかく、複数の候補がある場合は決めるのに悩んでしまいます。

月額制で契約したものの不満を感じるようでは、快適に仕事をできず結果として損となる恐れが大きいです。

多少割高とはなってしまいますが、より良いコワーキングスペースを選べるため、ドロップインによるお試し利用がおすすめです。


まとめ

コワーキングスペースは必要な設備が十分に揃った環境で、快適に仕事・作業を進められます。
仕事に集中できるだけでなく、他者との交流やコミュニティ作りにも便利です。

自由度が高くさまざまな使い方ができるため、自身の理想の働き方を実現するための良い選択肢になることでしょう。

仕事をする場所をお探しの方や、新たなコミュニティ作りを希望する方は、コワーキングスペースを利用してはいかがでしょうか。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


多様な感性を持った人たちが集まるコワーキングスペースを上手に活用しよう


渋谷と赤坂にあるコワーキングスペース「co-ba」は、都心部にありながら24時間利用可能で、個人事業主・フリーランスにとっても便利なサービスです。

静かな環境、ゆったりサイズの机と椅子でプライベート空間を確保でき、集中して業務に取り組める環境です。
場所だけでなく、運営母体が税理士法人である事から、起業支援、節税相談、IPO支援、コンサルなど、企業成長にかかせないソフト面のサポートも万全です。
また、秘書、経理代行サービス「SUPPORT+iA(サポーティア)」(有料)もあるので、雑務から解放され、安心して本業に専念していただくことも可能です。ぜひ、ご相談ください。



関連記事

バーチャルオフィスとは? 起業や個人事業主・フリーランス、副業におすすめの理由
今からでも遅くない!リモートワークの導入に必要なこと、注意点を解説。

グランサーズラボ|編集部
グランサーズラボ|編集部
2021年生まれ。 BPOや業務効率化など企業成長のためになることがすき。 特にスタートアップやベンチャーなど新しいことに挑戦している人たちを応援するのが生きがい。 知りたい情報のリクエストも受け付けてます!
グランサーズグループに興味を持っていただけたという方は、お気軽にご相談ください。
<人気記事ランキング BEST5>
PDF資料ダウンロード
カテゴリ一覧