ストーリー

MEMBER’S STORY
ある社員のストーリー

グランサーズ株式会社/アウトソーシング事業部 細谷 沙織

事務職未経験の私が「経理」と「グランサーズ」に出会うまで

32歳、未経験からの転職。それが私の経理との出会いでした。 

 

大学を卒業してから10年ほど、サービス業に従事していました。 

インテリアの販売、レストランのホールスタッフ、エステティシャン・・・ 

自分の向き不向きもわからず、手に職つけたいと、転職を繰り返していました。 

しかし、32歳のときにサービス業でいることの体力的な限界や将来の不安を感じて、サービス業からの転身を決めました。 

「会社勤めしたい!事務職でいいや!」そんな軽い気持ちで転職活動を始めました。

経理でこうなりたいといった強い目標もなかったですし、32歳の未経験って・・・正直いらないですよね?だから何十社も受けて全然内定がもらえなかったんです。 

 

そんな中、なんとか縁あって前職の会社に入社することができました。 

募集では「経理、総務、人事、秘書から適性をみて配属」ということでしたが、入社してみたら、なんと、一人で全部担当することになっていました。 

全てが初めての業務で、特に経理は全く未知の世界でした。 

それまでの人生で一度も簿記というものに興味を持ったことなどなく、借方貸方という言葉すら知らなくて、それでも経理をすることになり、しかも一人で月次も締めないといけない状況でした。 

その会社の顧問税理士が、グランサーズ代表の筧さんでした。 

私に経理のいろはを教えてくれたのが筧さんだったんです。

借方貸方から教わり、勘定科目も一つ一つ確認していたくらいだったのが、なんとか月次を締められるようになり、やがて5営業日以内で締められるようになり、だんだんと経理が面白く感じるようになっていました。 

筧さんとは年代も一緒で、仲良くしてもらっていたこともあり、諸事情で前職を辞めることになったときに相談をしました。するとすぐに「グランサーズにおいでよ!」と声をかけてくれたのです。 

こうして私はグランサーズに入社することになりました。 

私がグランサーズで得た「スキル」と「自信」

グランサーズでは、税務部門で記帳など税理士補助業務もしていましたし、アウトソーシングにでることも多かったので、いろんな会社の記帳を経験することができました。 

アウトソーシングでは「急遽退職することになったから3日で引き継いで」「後任が入社するのが先だから、いったん引き継いで、そのまま引き継いでほしい」といった、短い期間で引き継ぎをうけ、あとは自力でなんとかしていくという機会も多いです。そのおかげで、どの会社に行っても、ある程度の業務は想像がつき、すぐに取り組めるようになりました。 

過去の仕訳を読み解く力(想像力)は筧さんも認めるくらいに成長し、グランサーズ社内でも誰にも負けない自信を持っています。 

また、会計ソフトも、メジャー、マイナー問わず、多くのものを使用してきたので、ほぼ扱えますし、初めて使用する会計ソフトも、すぐに使い方を習得することができます。 

これは前職のままだったら得られなかったスキルです。グランサーズに入社したことで、事業会社で経理をする何倍もの経験値を積めていると思います。 

前職に転職した頃、転職活動に苦労した経験から「もう一生転職活動なんかしたくない!面接なんてしたくない!」と思っていました。 

それが今では、もし万が一グランサーズを去ることになっても、どこでもやっていける自信が私にはあります。 

気が付けば、サービス業時代に漠然と望んでいた「手に職」を、私は手に入れていたのです。

バックオフィス支援「SUPPORT+iA」への想い

前職に入社した際に、前任者がすでに退職しており、ちゃんと引き継いでくれる人がいない、相談できる人がいない状態でした。 

全くの未経験で、どうやっていいのかもわからず、正解もわからず、ミスもして、怒られて・・・自分の不甲斐なさを嫌というほど感じ、本当につらい思いをしました。 

グランサーズでいろいろな企業様に関わる中で、かつての私と同じように苦労している方がたくさんいるのに気づきました。

管理業務でどうしたらいいかわからない方、手続き関係がよくわからずに右往左往して困っているスタートアップや個人事象主の方。そういった方たちを助けてあげたいと思うようになりました。 

その想いは筧さんにも伝えていて、それは筧さんの思い描いていた構想ともマッチし、そこから「バックオフィス支援SUPPORT+iA」という事業ができました。 

もちろんサービスの立ち上げにもかかわらせていただきました。 

「SUPPORT+iA」というサービス名は、初期メンバー3人で名付けました。

グランサーズで大切にしているホスピタリティ

あるお客様から「細谷さんって、筧さんに次ぐイエスマンだよね」と言われたことがあります。 

なんでもはいはい応えているという意味ではなく、無理だろうなとダメもとでお願いをしても、なんとかしてくれる、なんとかしようと考えてくれる、というお褒めの言葉です。 

もともとサービス業に従事していたおかげか、どうしたらお客様の満足のいくサービスができるのか、という視点は持っていました。自分のできる限りのことをやろう、尽くそうという気持ちもありました。 

ただ、自分の比ではないくらいに筧さんはその気持ちが強く「例え今はできないことも、できると言って、できるようにすればいい」という考えでした。 

最初のころは「いやいや、できないものはできないよ・・・」と抵抗はあったものの、今では、やるためにどうするかを考えて動けるようになりました。 

その結果が、前述のお客様のお言葉につながったのだと思います。 

いわゆる事業会社のバックオフィス業務であれば、自分たちのやっている業務が「サービス業」という発想は全く持たないですが、私たちグランサーズの業務は、ある意味で「サービス業」です。 

お客様に「満足」「感動」していただくためには、期待以上の価値を提供しなくてはなりません。 

私たちが提供するバックオフィス業務は、ただ業務をこなすだけの「業務代行」ではなく、私たちの業務によって、お客様の事業を支え、売上、利益に貢献していくということ「業務支援」です。 

 

「お客様のために」どう動いていくか、そのホスピタリティを持つことが、私たちのサービスでは大事なことです。

女性が働きやすい「グランサーズ」であるために私ができること

私自身もそうですし、今いる女性社員、これまで面接で出会った方の多くが「長く働いていきたい」という気持ちをもっています。 

結婚、出産と、ライフステージが変わる中でも、女性が働きやすい環境であってほしいと思います。 

現在、グループ全体で、女性社員の割合は半分以上。 会社として大切な人財ですし、今まさにライフステージがかわろうとしているメンバーもいます。 

 

私も、数年前に結婚をしましたが、いまも変わらず働くことができています。 

以前「もし子供できたら託児所つくってほしい」とノリで筧さんに伝えたところ「つくっちゃおうか!」と・・・。 

もし本当にそういう状況になったら、きっとそれは夢物語では終わらないと思います。 

グランサーズで長く働いてもらうために、(例えば託児所があることで)みんなが働きやすくなるのなら、実現させるために動いていく、それがグランサーズです。 

 

自分が発信することで、会社が変わるきっかけになる、新しい事業が生まれる、自分が長く働いていくための環境を作っていくことができる。とはいえ、社員の多くは、会社に対してそこまでの発信をしていいのかと遠慮するものです。 

だから私は、彼女たちと会社をつなぐ役割でいたいなと思います。 

グランサーズで働いてみたいと考えている方へ

グランサーズは母体が会計事務所とはいえ、保守的な会社では全くなく、むしろかなりのベンチャー気質です。 

のんびりとゆとりをもって働いていきたい方には厳しい環境です。 

厳しい環境の中で、自分の目標を見失わずに働いていける方は、グランサーズの中で輝いていけますし、必ず成長していけます。 

「お客様に寄り添いたい」「手助けをしていきたい」という同じ想いをもてる方でしたら、未経験であろうと歓迎です。 

私たちが大切にしているのは、「今のスキル」ではなく、あなたの「想い」や「目指すべき姿」です。 

一緒に成長していける新しい仲間との出会いを楽しみにしています。