グランサーズ株式会社 本間 菜摘のストーリー

チームだからできること

~フリーランスからベンチャー会社員への転身~

順風満帆なフリーランス時代

私はもともとフリーランスとして、個人事業主の方やベンチャー企業のバックオフィス業務・秘書業務をサポートしていました。

個人でバックオフィスを担う人間があまりいなかったこともあり、ありがたいことにご依頼は多くいただいておりました。また、インフラ的な業務であることも相まって、比較的安定した日々を過ごしていました。

自分の描く「理想」。それを実現するめの選択

一見何不自由ない生活を送っていましたが、3年程経過したころ、どこか頭の片隅で「このままでいいのだろうか」という思いが沸いてきました。

今も昔も変わらず考えている「理想」は、良い会社・良い事業には、良いバックオフィスの存在が不可欠であることが、世の中の通念になればいいなということです。

それを実現しようにも、自分一人の手で、自分一人の能力で、自分一人の時間でできることには限界があり、より精度の高い成果物をより多くの方へ届けるには・・・そんなことを考えているなかでグランサーズとご縁がありました。

フリーランスを卒業して敢えて組織に入ることは周りから不思議がられましたが…(笑)自分では「理想」がはっきり見えていたので、迷う理由がなく驚くほど自然な選択でした。

本間さん写真01

「より大きいものを動かす、作る」難しさと楽しさ

入社した当初は案件担当を持ってお客様対応を行っていましたが、過渡期の今はそれに加えてメンバーのサポートや、業務フローの改善、今後の事業展開に向けた仕組み化等も担っています。

とにかくスピードが早く、慌ただしい日々です。思い返すと、グランサーズへの入社後1年間で直面したチャンスや経験は、前職時代の3年分くらいに匹敵するような感触です。通常3年かかるレベルに1年で到達できるそのスピードは、他にはない刺激的な環境に感じます。

また、バックオフィス業務そのものの楽しさはもちろんですが、「事業を伸ばす」という領域はフリーランス時代に経験したことがなく、当時よりも確実にモノの見方も変わり、新たな領域に頭を使うことにもやりがいを感じています。

まだまだベンチャーゆえの課題も多く、時には「私にできるのか?」と思ってしまうこともありますが、自立自走で実行し、目に見えて変化を感じられる環境はとても刺激的です。

フラットで温かく頼れるメンバー

本間さん写真2

社内は、互いを尊重し、冷静に議論することができるという信頼がベースにあり、その上で立場や部署の壁を越えて、正直な意見を真っすぐ伝えられる環境です。

また、どんなに些細なことでも、「分からない」「困った」に対して、一人二人三人と集まり一緒に考えてくれるメンバーの頼もしさに何度も救われています。

お客様のためにという気持ちはもちろんですが、一緒に働くメンバーのためにも頑張ろうと思えますね。

組織(チーム)だからできること

フリーランスも会社員も経験している身として、「働き方」はなりたい姿を叶える上でのイチ手段に過ぎないと考えています。

入社を決めたとき、あまり悩まず「自然な選択」と思えたのは、なりたい姿(理想)に近づくために想像していた進むべき道と、グランサーズが重なったからなのかなと思っています。

そのために、今はグランサーズで「一人ではできなかったこと」に積極的に手を挙げ続け、挑戦していきたいと考えています。

たくさんの機会に溢れたグランサーズで、共に働く新たな仲間を心待ちにしています!

本間さん写真3