catch-img

徹底比較!おすすめの海外送金サービスを比較しながらご紹介。

海外送金(国際送金)とは、その名の通り日本の銀行口座から海外の銀行口座にお金を送ることです。海外留学や海外居住をする場合など、個人でも外国にお金を送金することがあります。現金を外国に直接持ち込むのは盗難や紛失等のリスクがあるため、銀行や海外送金サービス会社を利用するのが便利で安全です。しかし、海外送金を取り扱っている銀行や企業は数多くあり、サービスによっては手続きが複雑だったり、手数料が高かったり、送金に時間が掛かるものもあります。そこで本記事では初めて海外送金を利用する方でも安心して利用できるようなサービスをいくつかご紹介させていただきます。

目次[非表示]

  1. 1. 海外送金の方法
  2. 2.海外送金サービスの比較
    1. 2.1.PayPal
    2. 2.2.Western Union
    3. 2.3.Wise
  3. 3.まとめ
  4. 4.アウトソースを使って業務効率化を図るなら『グランサーズ株式会社』にお任せ!

 海外送金の方法

海外送金の方法として主に以下の2つが挙げられます。

1つ目は、各種銀行を介して送金する方法です。三菱UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行などの普通の銀行や楽天銀行ソニー銀行などのネット銀行などでもできます。

2つ目は、銀行以外の「PayPal」「WesternUnion」「Transferwise」などの海外送金サービスを利用する方法です。
なぜかというと海外送金サービスを利用した場合は海外に送金する際に発生する「送金手数料」だけで済みますが銀行を利用した場合は以下の3つの手数料が上乗せされます。

受取手数料
受け取りをする現地の銀行で発生する手数料。

中継銀行手数料
送金した銀行と、受け取る銀行を中継する銀行で発生する手数料。

銀行独自の為替レートでの両替による手数料
銀行が実際に現地の通貨に両替する際に銀行独自が定めた為替レートで両替するため、本来のレートとの差額を手数料として徴収される。

大手銀行の具体的な手数料は各銀行の公式サイトでご確認ください。

また、海外送金サービスを利用した場合に掛かる日数が1~2日程度なのに対して銀行だと国や地域によって差がありますが、おおむね一週間程度と時間的な面でも海外送金サービスの方がおすすめです。

しかし、銀行でもネット銀行であれば比較的安く、短い時間で送金することもできます。具体例として楽天銀行を挙げると、送金手数料が1件750円と安価で、初期導入費用や月額利用料が一切かからない上に24時間ネットで送金手続きが可能なので、夜間も手続きすることができる利便性もあります。どうしても銀行で送金したい方や楽天銀行がメインバンクの方などにオススメです。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


海外送金サービスの比較

海外送金サービスには上記の「Paypal」「Western Union」「Transferwise」の3つのサービスが代表的ですが、それぞれの特徴をご紹介します。

PayPal

PayPal」は世界190カ国23の通貨に対応しているオンライン決済サービスで、メールアドレスさえ登録すれば相手の口座番号や名前がわからなくても簡単に送受金が可能です。使用方法も非常に簡単でのPayPalの公式サイトに登録してアカウントを開設するだけで送金サービスを利用することできます。

送金手数料については一回当たり499円(2021年4月20日現在)ですが外貨為替は手数料2.5%~4%を含んだレートとなります。

また、アカウントの開設費、初期費用、月額手数料、銀行口座への引き出し手数料は基本的には無料ですが、銀行口座へ引き出す金額が5万円未満の場合は1件につき250円の手数料が発生するのでご注意ください。

送金した代金は即時にアカウントに入金されますが、銀行口座への引き出しには最短で3営業日かかります。

手数料は対象となる国や地域によって異なる場合がありますので、より詳しい情報は公式サイトでご確認ください。


Western Union

WesternUnion」は全世界で約200カ国、50万箇所の取扱店を有するアメリカの大手金融会社です。送金方法はマイナンバーと本人確認書類などを持って取り扱い店舗で手続きをするだけです。日本国内の取扱店からは一回につき100万円まで送金することができ、送金手続き完了後、最短数分で受取ることが可能です。

送金手数料は送金する金額によって変動し、最小990円で最大9000円です。

また、オンライン送金やファミリーマートなどコンビニでの送金なども可能になったのでご自身の都合に合わせて選ぶことができます。

より細かい手数料は送金の手順などは公式サイトでご確認ください。


Wise

wise(旧TransferWise)」はイギリスの海外送金サービスで、このwiseの最大の特徴は国内送金を活用することにより送金のスピードが速く、手数料も安価に抑えることができるためです。wiseはリアルタイムの為替レートを使用し、上記で説明した中継銀行手数など余分な手数料が発生することはありません。

また、受け取りまでの所用日数もほとんどが1〜2営業日と銀行で送金するよりも安価でスピーディに行うことが可能です。

利用方法についても全てオンラインで手続きができ、海外居住方は日本の住所があればマイナンバーカードの提出をスキップすることも可能です。

公式サイトで手数料のシミュレーション計算ができるため送金を考えいる方は是非ご活用ください。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


まとめ

今回は、海外送金の基本的な手数料や仕組みに加えて銀行と海外送金サービスについて比較させていただきました。相手の名前や口座番号がわからなくても手軽に送金可能な「PayPal」、対応している国や通貨が多く送り先口座がなくても現地代理店で受け取れる「WesternUnion」、リアルタイムの為替レート採用により、最も安く送金できる「wise」。各海外送金サービスが違った特徴を持っているので用途に応じて利用してみてはいかがでしょうか。


アウトソースを使って業務効率化を図るなら『グランサーズ株式会社』にお任せ!

海外送金ひとつとっても多種多様な方法がありますが、どれが自社に最適かわからない、というのであれば、業務効率化のサポートを行っているグランサーズ株式会社に相談してみてください。

グランサーズ株式会社では、『SUPPORT+iA』というオンラインアシスタントサービスを展開してくれます。インターネットを介して、優秀な人材が庶務、財務、経理、人事・労務、総務などのバックオフィス業務全般を代行してくれます。

また、アウトソーシングサービスでは、オフラインでの業務サポートにも対応してくれます。専門性の高いスタッフが会社に常駐し、コミュニケーションを取りながらバックオフィス業務を行ってくれます。訪問頻度や回数、時間などの希望にも柔軟に応えてくれますよ。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!​​​​​​​

グランサーズラボ|編集部
グランサーズラボ|編集部

2021年生まれ。 BPOや業務効率化など企業成長のためになることがすき。 特にスタートアップやベンチャーなど新しいことに挑戦している人たちを応援するのが生きがい。 知りたい情報のリクエストも受け付けてます!

オンライン秘書とは?オンライン秘書について解説します。

2021-08-03 10:00

リモートワークの導入増加に伴い、様々な課題も現れてきています。本記事では、リモートワークに関する悩みや課題を、解決方法と共にご紹介していきます。

バックオフィス業務をオンラインで!?バックオフィス業務のオンライン化について解説。

2021-09-03 10:00

働き方改革やテレワーク化が進む昨今の社会情勢では、バックオフィス業務の効率化が必須。そしてバックオフィス業務の効率化には、バックオフィス業務のオンライン化が有効と言えます。 しかし、どの業務からオンライン化するべきなのかわからないという方も多いのでは。 そこで今回は、オンライン化できるバックオフィス業務の種類や、バックオフィス業務のオンライン化のメリットなどを紹介します。

AIアシスタントとは?サービスの種類や活用方法についてご紹介します

2021-05-25 10:00

最近、さまざまなところで耳にするようになったAI(人工知能)。AIを活用したサービスが次々とリリースされるようになりました。今回は、AIアシスタントが搭載されているサービスの種類や、AIアシスタントの活用方法について紹介したいと思います。

オンラインアシスタントとは?特徴や選び方など導入を検討している方向けに詳しく解説

2021-02-17 17:59

近年、導入企業の増えているオンラインアシスタントとはどのようなサービスなのかについて、特徴や業務範囲を中心にメリット・デメリットを紹介する記事です。

バーチャルアシスタントとは?オンラインアシスタントとの違いや活用方法について詳しく解説します。

2021-05-21 10:00

オンラインアシスタントとバーチャルアシスタントは別物ですが、よく混同してしまうことも。そこで今回は、オンラインアシスタントとバーチャルアシスタントの違いを説明したいと思います。

グランサーズグループに興味を持っていただけたという方は、お気軽にご相談ください。