グランサーズラボは専門家がバックオフィス業務に役立つ情報を提供するメディアです。

個人事業主が経費にできるものは?税金で損しないために必要な対策と注意点

個人事業主にとって、経費の適切な計上は節税対策の基本です。事業に関連する支出を漏れなく経費として計上することで、課税所得を減らし、納税額を抑えられます。 一方で、経費の計上方法を誤ると、税務調査のリスクや追徴課税のリスクがあるため、注意が必要です。 この記事では、個人事業主が経費にできるものと、経費計上の方法や注意点について詳しく解説します。

記事を見る

個人事業主におすすめの節税・税金対策とは?知っておくべき方法と注意点

個人事業主が手取りを増やすためには、節税に取り組むのが重要です。国が認めた方法を活用して適切な節税をすることで、納付する税金が少なくてすみます。本記事では、個人事業主の節税について、基本的な考え方、具体的な方法、注意点まで詳しく解説します。

記事を見る

経営セーフティ共済とは?「節税」等のメリットと注意点、最新のルール改定についても解説

経営セーフティ共済は、中小企業を守る国の制度で、取引先が倒産した場合に大きな額の貸し出しを受けられるものです。しかし、実際にはこの本来の目的よりも「節税」「資金繰り」の観点からのメリットが重視され、それを目当てに加入する中小企業が多くなっています。そして、この点について税制改定により2024年10月から節税効果に制限が加えられることになりました。本記事では経営セーフティ共済のメリット、注意点について、制度改定にも触れながら解説します。

記事を見る

接待交際費の上限額|個人事業主・中小企業・大企業で異なるルール、注意点等を解説【2024年4月からの新ルール対応】

企業が支出する取引先・顧客等のための接待交際費には、経費(損金)に算入できる額に上限が設けられています。そのルールを理解して上手に活用すれば「節税」の有効な手段となる可能性があります。しかし、注意しなければかえって損をすることにつながります。本記事では、接待交際費のルールについて、損金算入の上限額に関する規律を中心に解説します。

記事を見る

法人で株式投資をするメリットはない?節税効果の検証とデメリットの解説

個人事業主で大きな利益が上がるようになったら、法人化した方が節税になるケースがあるといわれます。では、株式投資も法人で行った方が良いのでしょうか。法人化のメリットとされていることと、株式投資にもそれがあてはまるのかについて、デメリットにも触れながら解説します。

記事を見る

資産管理会社を利用した節税等の対策とは?設立のメリット、注意点とデメリットを解説

資産管理会社は、資産を管理する目的で設立する会社です。いわゆる「節税対策」のために設立されることが多くなっています。実際に、所得税・住民税や相続税を抑えるのに役立つことがあります。また、相続については、相続税以外にも相続争いを未然に防ぐ機能を果たすこともあります。ただし、あらゆる節税対策がそうであるように、資産管理会社を設立するのに適しないケースもあります。本記事では、資産管理会社を利用した節税等の対策について、メリット、および注意点・デメリットを解説します。

記事を見る

海外FXにかかる税金とは?確定申告の方法、節税対策、国内FXの違いを解説

資産管理会社は、資産を管理する目的で設立する会社です。いわゆる「節税対策」のために設立されることが多くなっています。実際に、所得税・住民税や相続税を抑えるのに役立つことがあります。また、相続については、相続税以外にも相続争いを未然に防ぐ機能を果たすこともあります。ただし、あらゆる節税対策がそうであるように、資産管理会社を設立するのに適しないケースもあります。本記事では、資産管理会社を利用した節税等の対策について、メリット、および注意点・デメリットを解説します。

記事を見る

タワマン節税はもう使えない?相続税の節税効果、税制改正の内容ほか注意点を解説

タワマン節税(タワーマンション節税)は、タワーマンションの高層階の市場価格よりも相続税評価額が著しく低いことを利用して相続税を抑えるスキームです。ごく最近まで富裕層の相続税対策として人気を博してきました。しかし、昨今、国税庁の通達によるルール改定が相次ぎ、その効果は大きく制限されてきています。本記事では、タワーマンション節税のしくみ、直近の税制改正の内容、今なお有効なのか、といった点について、最新の判例にも触れながら解説します。

記事を見る

営業外費用とは?特別損失との違い、内容と仕訳方法について解説

営業外費用は、企業が本業以外の活動で収益を得るのにかかった費用をいいます。漏らさず確実に計上することで、無駄がどこにあるか見極め、経営を効率化することに役立ちます。本記事では営業外費用について、似て非なる特別損失との違い、種類、経理処理等について分かりやすく解説します。

記事を見る

貸倒引当金とは?計算方法、仕訳、対象債権、税務上の取り扱い等について解説

貸倒引当金は、取引先等への「貸し倒れ」が発生するのに備えてお金を準備しておくことをいいます。税法上、所定の条件をみたせば税負担を軽減する役割を果たします。他方で、恣意的に計上されるのを防ぐための税務上・会計上のルールが設けられています。本記事では、貸倒引当金について、計算方法・仕訳方法、どのような債権が対象となるか、および、税務上の扱いについて解説します。

記事を見る

記事カテゴリー

オンラインアシスタントの記事一覧
業務効率化・DXの記事一覧
経理の記事一覧
税金・税制の記事一覧
起業・ベンチャーの記事一覧
IPO・上場の記事一覧
ビジネスコラムの記事一覧

人気記事ランキングBEST5

記事カテゴリー

オンラインアシスタントの記事一覧
業務効率化・DXの記事一覧
経理の記事一覧
税金・税制の記事一覧
起業・ベンチャーの記事一覧
IPO・上場の記事一覧
ビジネスコラムの記事一覧