インボイス制度 いつから始動?いつまでに準備が必要?詳しく解説します!

インボイス制度とは、軽減税率などで複数の税率がでた際、仕入額を控除するために適格請求書の保存が必要となる制度です。 2016年の税制改正で導入が決定しましたが、いつから実施されるのか、どのような影響があるのかを把握しておく必要があります。 今回の記事では、そんな「インボイス制度」の導入時期や準備すべきことを詳しく解説していきます。

記事を見る

経理代行サービスの概要と利用するメリット・デメリットについて解説!

経理代行サービスとは、文字通り経理業務を代わりに実施するサービスです。規模が小さく経理業務のリソース確保が難しい、経理に関する自社の労力を小さくしたいなど、さまざまな理由で活用されます。 経理代行サービスの利用を検討する際は、メリットだけでなくデメリットの確認も必要不可欠です。本記事では経理代行サービスを利用するメリット・デメリットについて解説します。

記事を見る

経理代行サービスでどんな業務を委託できる?サービス内容をより具体的に解説。

経理業務はどんな会社でも多かれ少なかれ発生します。 会社というものは利潤を求めて活動をするのが大前提ですから、お金の動きや業績に関連するデータを扱う経理業務は重要な会社にとって役割をもっています。 一方、自社で経理業務をこなすことが難しい、あるいは自社での定型業務を軽減したい、という悩みを抱える企業も多いです。そんな場合には経理代行サービスの活用がおすすめです。 本記事では経理代行サービスとはどんな内容なのか、具体的な活用例を交えながら解説をします。

記事を見る

インボイス制度はひどい?何が問題になっているのかや準備すべき内容について解説

2022年7月の参議院選挙で自民党が圧勝したことで、インボイス制度の導入がほぼ決定したと言える状況になりました。 事業者にとってはデメリットが大きいと言われるインボイス制度は、SNSで制度廃止を訴える署名活動も起こっています。 今回の記事では、インボイス制度が「ひどい」と言われる理由に加え、免税事業者が準備すべき内容について解説します。

記事を見る

【2022年版】おすすめ「海外送金アプリ」5選~手数料の安さ、簡単さ、所要日数を徹底比較~

今や私たちの生活にはスマホが欠かせません。友だちとの連絡はもちろんのこと、旅行の予約、振込や株式の買付、保険の加入等お金に関するものまで、スマホ一つで申し込みから決済まで完結します。 海外送金も例外ではありません。簡単に海外送金ができるアプリが各サービス会社から出ています。 今回、海外送金アプリを5つ、安さ、簡単さ、所要日数の観点から徹底比較しました。

記事を見る

【解説】支払通知書とは?インボイス制度開始で変更点は?

2023年10月にインボイス制度が導入されます。 インボイス制度の導入開始に伴い、「支払通知書」に変更点はあるのでしょうか。 支払通知書の役割やインボイス制度開始での変更点、注意すべきことなどをわかりやすく解説していきます。 インボイス制度とはどういう制度なのかを事前に理解して、制度が開始されてから慌てることがないように準備をしておきましょう。

記事を見る

スタートアップ支援を依頼したい!主なスタートアップ支援の内容と行っている企業を紹介。

スタートアップ企業を立ち上げるにあたって、支援を依頼したいと考えている方がいらっしゃるかと思います。 会社を始めたばかりの時は、資金繰りが厳しかったりノウハウがなかったりなど、経営がうまくいかないケースが多いです。 そのような場合、スタートアップ支援を利用するのがおすすめです。 本記事では、主なスタートアップ支援の内容と行っている企業を紹介いたします。

記事を見る

海外送金は課税対象?申告納税する必要がある場合など詳しく解説。

海外に在住している人からお金を受け取る際には、海外送金を利用するのが一般的です。 あるいは、自身名義の海外の口座から資金を日本の自身が持つ口座に移す場合にも海外送金は利用できます。 海外送金にて受け取った金銭は、所得税の課税対象になるかどうか、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。 海外送金活用時において課税対象となる内容や注意点などについて解説します。

記事を見る

税理士費用を削減したい!税理士費用の削減方法を紹介。

税務業務は専門性が高く自社で行うのは難しいため、プロである税理士に依頼するのが確実です。しかし税理士費用はある程度のまとまった金額がかかります。税理士費用を削減し、予算の余裕を大きくしたいとお悩みの方も多いのではないでしょうか。 税理士費用による負担を小さくするため、費用の削減を検討・試みるのが効果的です。本記事では税理士費用の削減について詳しく解説します。

記事を見る

株価算定とは?言葉の意味から基本的な知識をわかりやすく解説。

市場で株式の売買が行われている上場企業は、常に株式の時価を把握できます。一方で株式が非公開である非上場企業の場合、市場株価のような明確な価値を確認できません。非上場企業の株価を把握するには、株価算定と呼ばれる、株価の適正な算定が必要です。 本記事では株価算定の意味や必要となる場面、具体的な方法について解説します。

記事を見る

<人気記事ランキング BEST5>
<カテゴリ一覧>