catch-img

AIアシスタントを利用するメリットは?業務内容との相性やデメリットと合わせてご紹介。

オンラインアシスタント・秘書サービスなら「サポーティア(SUPPORT+iA)」
サポーティア資料ダウンロード

様々なテクノロジーが開発された現代において、大きな発明の一つが「AI」です。

AIは人工知能のことで、近年はビジネス領域でも活用され始めています。

そんな中、注目を集めているのが「AIアシスタント」です。

本記事では、AIアシスタントを利用するメリットについて、業務内容との相性やデメリットと合わせてご紹介いたします。

目次[非表示]

  1. 1.AIアシスタントとは
  2. 2.AIアシスタントの仕組み
  3. 3.AIアシスタントの業務内容との相性
    1. 3.1.単純作業は音声のみで実施できる
    2. 3.2.問い合わせや日報登録はチャットボットで
  4. 4.AIアシスタントのメリット
    1. 4.1.手入力の労力とミスを減らせる
    2. 4.2.インターネット利用者が増加する
    3. 4.3.人材不足を解消できる
  5. 5.AIアシスタントのデメリット
    1. 5.1.操作内容が周囲に聞こえてしまう
    2. 5.2.AIが音声をキャッチできない場合がある
    3. 5.3.サイバー攻撃の危険がある
  6. 6.AIアシスタントサービス
    1. 6.1.Googleアシスタント
    2. 6.2.Siri
    3. 6.3.Alexa
    4. 6.4.my daiz
  7. 7.まとめ
  8. 8.「人」を活用した業務効率化なら『グランサーズ』にお任せ!
  9. 9.関連記事

AIアシスタントとは

AIアシスタントとは、音声を認識して質問やお願いに答えてくれるAI技術のことです。

話し言葉を文字として変換し、音声の特徴をとらえます。

話者を識別し、言葉を認識してその回答を導き出すというテクノロジーです。

日常生活だけでなく、ビジネスにおける様々な場面で活用されています。

音声だけであらゆる操作を実行できるため、とても利便性が高いです。

サポーティア資料ダウンロード


AIアシスタントの仕組み

AIアシスタントの仕組みは、搭載されたマイクによる音声入力、インターネットを使用したデータ解析や情報処理など、あらゆるものがあります。

AIアシスタントを搭載する機器でできることは、大きく2つに分けられます。

一つはAIアシスタント機器を単体で操作するもの、もう一つは他の家電製品と連携するものです。

単体でも様々なことを実施できますが、連携すればさらに幅広い使い方ができます。

AIアシスタントをうまく活用することで、より便利なビジネスライフを送ることが可能です。

サポーティア資料ダウンロード


AIアシスタントの業務内容との相性

AIアシスタントの業務内容との相性については、次のとおりです。


単純作業は音声のみで実施できる

AIアシスタントを活用すれば、単純作業は音声のみで実施できます。

パターン化されている作業は、AIアシスタントで行った方が良いです。

AIアシスタントを使えば、会議室の予約を音声のみで行うことが可能です。

カレンダーとリンクさせることで、スケジュール変更も音声だけで簡単に実施できます。

今までのように手動で操作する手間が省けますので、効率的に業務を進められます。


問い合わせや日報登録はチャットボットで

問い合わせや日報登録は、チャットボットを活用するのがおすすめです。

チャットボットとは、「チャット」と「ボット」を組み合わせた言葉で、自動的に会話を行うプログラムのことです。

特に問い合わせ対応については、多くの企業で既にチャットボットが活用されています。

人材を確保してサポート対応を行う必要がなく、企業は人件費を削減できます。

チャットボットに分からないことを質問すると、すぐに的確な回答をしてくれるため、利用者にとっても便利です。

なお、社外向けだけでなく社内向けのチャットボットもあります。

また、日報登録をするのにチャットボットを活用することもできます。



AIアシスタントのメリット

AIアシスタントのメリットとしては、次のようなものが挙げられます。


手入力の労力とミスを減らせる

1つ目のメリットは、手入力の労力とミスを減らせることです。

今までのやり方だと、人力ですので手間がかかります。

さらに人間がやると、どうしてもミスが発生してしまいます。

しかし、AIアシスタントの音声入力を活用すれば、労力を減らしヒューマンエラーを確実に防ぐことが可能です。

手入力にはミスが付き物ですので、そういった可能性を限りなく減らし、業務効率化を図ります。

手入力の労力とミスを減らせるのは、大きなメリットと言えます。


インターネット利用者が増加する

2つ目のメリットは、インターネット利用者が増加することです。

従来のスマートフォンは、手が使えないと操作できませんし、文字が読めないと使えません。

しかし、AIアシスタントがあれば、音声だけで機器を操作できます。

ですので、手が使えない人や文字が読めない人でも利用しやすくなったのです。

また、インターネットが苦手な世代の人でも、音声だけで操作できるなら使えるという人もいます。

AIアシスタントの登場によって、インターネットを使えなかった人たちが使えるようになります。


人材不足を解消できる

3つ目のメリットは、人材不足を解消できることです。

AIアシスタントを活用すれば、今まで人が行っていた業務をAIで対応できるようになります。

例えば、オペレーターや入力スタッフなどです。

チャットボットのように、自動で対応できるAIがあれば、人材を確保する必要がありません。

音声入力によって、AIだけで業務を全て実施できるようになりました。

社会問題の一つになっている人材不足を解消できるのは、企業にとってメリットと言えるでしょう。

サポーティア資料ダウンロード


AIアシスタントのデメリット

AIアシスタントのデメリットとしては、次のようなものが挙げられます。


操作内容が周囲に聞こえてしまう

1つ目のデメリットは、操作内容が周囲に聞こえてしまうことです。

AIアシスタントは、基本的に音声で操作します。

ですので、操作している時に周りに指示が聞こえる可能性があるのです。

電車やバスなどの公共の場では、使いづらいという側面があります。

業務に関する重要な情報は、外部の人に知られてはいけません。

そのため、状況に応じてうまく使い分ける必要があります。


AIが音声をキャッチできない場合がある

2つ目のデメリットは、AIが音声をキャッチできない場合があることです。

以前と比較すると、AIの精度はかなり高くなりました。

しかし、人間の言葉を完全に聞き取ることが難しい場合もあります。

ですので、AIに何度も聞き返されたり、間違った単語を認識されたりなどといったケースが発生します。

音声をキャッチできず、正しいコミュニケーションをとれないことがあるのは、デメリットと言えます。


サイバー攻撃の危険がある

3つ目のデメリットは、サイバー攻撃の危険があることです。

AIは基本的に、インターネットに接続して使います。

そのため、常にセキュリティ面での危険と隣り合わせです。

AIアシスタント経由でのサイバー攻撃をきっかけに、ありとあらゆる重要なデータが抜き取られる恐れがあります。

ウイルス対策を徹底したうえで、AIアシスタントをうまく使いこなしましょう。


AIアシスタントサービス

主なAIアシスタントサービスとしては、次のようなものがあります。


Googleアシスタント

「Googleアシスタント」は、Googleが提供する音声アシスタントサービスです。

Androidには、標準機能として搭載されています。

iPhoneなどのiOSの場合は、App Storeからアプリをインストールする必要があります。

"オッケー、グーグル"という掛け声で起動します。

音声認識の精度はかなり高く、とても便利なAIアシスタントです。


Siri

「Siri」は、Appleが開発した音声アシスタントサービスです。

iPhoneやiPadなどのApple製品専用のアシスタントです。

"ヘイ、シリ"という掛け声で起動します。

Siriショートカットを使えば、複雑な操作でも一度で実行可能です。


Alexa

「Alexa」は、Amazonが提供する音声アシスタントサービスです。

元々は、EchoやFire TVなどといったAmazonのデバイスを操作するために作られました。

しかし現在は、アプリをインストールしていれば、AndroidやiPhoneでも利用可能です。

"アレクサ"や"コンピューター"などという掛け声で起動します。

他の音声アシスタントサービスと比較すると、掛け声が複数あるのが特徴的です。


my daiz

「my daiz」は、NTTドコモが提供する音声アシスタントサービスです。

NTTドコモの回線やSIMカードを契約していなくても利用可能です。

利用するには、dアカウントを作成し、アプリをインストールする必要があります。

AndroidでもiOsでも使えます。

"マイデイズ"という掛け声で起動します。


まとめ

本記事では、AIアシスタントを利用するメリットについて、業務内容との相性やデメリットと合わせてご紹介いたしました。

AIアシスタントをうまく活用すれば、業務効率化を図ることができます。

ビジネスシーンで取り入れることで、人材不足を解消することも可能です。

是非利用してみてください。


「人」を活用した業務効率化なら『グランサーズ』にお任せ!

AIアシスタントは人工知能による高精度のサポートを期待できますが、機械や電子機器に業務を任せるのは少し不安という方もいるでしょう。そういう方は、「人」による業務効率化のサポートを行っている『グランサーズ株式会社』に相談してみてください。

グランサーズ株式会社では、『SUPPORT+iA』というオンラインアシスタントサービスを展開してくれます。インターネットを介して、優秀な人材が庶務、財務、経理、人事・労務、総務などのバックオフィス業務全般を代行してくれます。

また、グランサーズ株式会社ではアウトソーシングサービスも提供中。アウトソーシングサービスでは、オフラインでの業務サポートに対応してくれます。専門性の高いスタッフが会社に常駐し、コミュニケーションを取りながらバックオフィス業務を行ってくれます。訪問頻度や回数、時間などの希望にも柔軟に応えてくれますよ。

どちらのサービスも公認会計士や税理士の監修しているので、クオリティ面で不安を感じることはありません。安心して業務を任せられるでしょう。


関連記事

AIアシスタントとは?サービスの種類や活用方法についてご紹介します
AIアシスタント導入は何を生み出す?利益や必要費用などを解説



サポーティア資料ダウンロード​​​​​​​

グランサーズラボ|編集部
グランサーズラボ|編集部
2021年生まれ。 BPOや業務効率化など企業成長のためになることがすき。 特にスタートアップやベンチャーなど新しいことに挑戦している人たちを応援するのが生きがい。 知りたい情報のリクエストも受け付けてます!
グランサーズグループに興味を持っていただけたという方は、お気軽にご相談ください。
<人気記事ランキング BEST5>
PDF資料ダウンロード
カテゴリ一覧