catch-img

海外送金の方法とは? 銀行と海外送金サービスでのやり方を解説。


オンラインアシスタント・秘書サービスなら「サポーティア(SUPPORT+iA)」
オンラインアシスタント・秘書サービス:サポーティア(SUPPORT+iA)資料ダウンロード

海外送金の手段には、銀行窓口・ネット銀行・民間の海外送金サービスの3つがあります。

それぞれ手続き方法や手数料、着金までの日数が異なるので、これから海外送金を利用する企業は気を付けたいポイントです。

本記事では、海外送金の手続き方法や各種サービスの違いについて詳しく解説します。

目次[非表示]

  1. 1.海外送金とは
  2. 2.銀行窓口で手続きする方法
  3. 3.メガバンク3社の海外送金手数料
  4. 4.ネット銀行で手続きする方法
  5. 5.ネット銀行2社の海外送金手数料
  6. 6.海外送金サービスで手続きする方法
  7. 7.海外送金サービス3社の海外送金手数料
  8. 8.海外送金にかかる日数は?
    1. 8.1.【メガバンク】
    2. 8.2.【ネット銀行】
    3. 8.3.【海外送金サービス】
  9. 9.まとめ
    1. 9.1.関連記事

海外送金とは


海外送金とは、日本から海外の口座に資金を送ることを指します。

海外送金の方法は、銀行および専門業者を経由する方法があります。銀行の場合、窓口だけでなくネット銀行でも手続き可能です。

どの方法で海外送金するかについては、手数料や着金までの日数で比較してみましょう。

一般的に、銀行窓口では手数料が高く着金に数日を要します。その一方でネット銀行、海外送金サービスの順に、手数料が安く着金までの日数も短くなっています。


銀行窓口で手続きする方法

窓口担当者から送金申込書を受け取り、必要事項を記入します。

窓口へ行く前に受取人の銀行口座(英字)情報を用意しておくとスムーズです。

送金申込書の記入が終わったら、必要書類を添えて担当者に提出します。

【必要書類】

  • 取引名義人(法人)の本人確認書類
  • 法人番号を確認できる書類
  • 印鑑
  • 通帳
  • 取引の詳細が記載された書類

※法人の必要書類は金融機関によって若干異なる場合があります。

金融機関の窓口は、主に午前9時から午後3時までの営業ですが、来店が午後になると送金が翌日発信になる可能性があります。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


メガバンク3社の海外送金手数料

銀行窓口でかかる手数料の参考として、メガバンク3社の海外送金手数料をご紹介します。


三菱UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行

本支店・現地法人

提携銀行など

7,000円
他行あて
7,500円


いずれのメガバンクも、本支店などへの送金は7,000円、他行への送金は7,500円です。
ただし、メガバンクごとの独自のサービスを利用すると、海外送金の手数料は次のように変化します。

三菱UFJ銀行

テレビ窓口

三菱UFJダイレクト

(インターネットバンキング)

本支店・現地法人

提携銀行など

6,000円
2,500円
他行あて
6,500円
3,000円


みずほ銀行

みずほEBサービス

コルレス先支払手数料

(手数料依頼人負担の場合)

本支店・現地法人

提携銀行など

3,500円

2,500円
他行あて
4,000円


三井住友銀行
EB/Global e-Tradeサービスでのご依頼

本支店・現地法人

提携銀行など

事前受付

2,500円/件

当日受付

3,000円/件

他行あて

事前受付 

3,000円/件

当日受付

3,500円/件


銀行窓口で手続きするより、銀行各社のインターネットサービスを利用すると手数料負担が軽減されます。

ただし、海外送金は別途為替レートに基づく手数料がかかります。詳しくはご利用の金融機関ホームページをご覧ください。


ネット銀行で手続きする方法

各ネット銀行によって手続き方法が異なるため、楽天銀行を例に解説します。

  1. 法人ビジネス口座にログインし、海外送金サービスから「商品・サービス一覧」→「海外送金」→ 「海外への送金」の順番に選択する。
  2. 次に「受取人登録/検索」タブを選択し、画面の案内にしたがって受取人や送金の情報を入力する。
  3. 「送金作成」タブより各種項目を入力し、送金内容確認後に「送金を依頼する」 をクリック。

上記の方法は新規で送金する場合の手続きとなります。

ネット銀行は一度振込先を登録すれば、以降は同一先への送金が簡略化できて便利です。

ただし、ネット銀行は個人しか利用できないものもあるため、口座開設する前に確認しておきましょう。


ネット銀行2社の海外送金手数料

ネット銀行でかかる手数料の参考として、法人の海外送金を扱う2社の海外送金手数料をご紹介します。



住信SBIネット銀行
楽天銀行
送金手数料
2,500円/件
1,000円
円貨送金時手数料
2,500円/件
2,500円/件
中継銀行手数料
2,500円/件
1,000円
受取銀行手数料
なし
なし

ネット銀行の海外送金手数料は、銀行窓口での取引に比べてかなり安い水準です。

ただし、別途為替レートに基づく手数料がかかる点は同様なので注意しましょう。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


海外送金サービスで手続きする方法

海外送金サービスも各社で手続き方法が異なるため、Wise(ワイズ)を例に解説します。


  1. 無料でアカウントを開設する。
  2. 送金額を入力。
  3. 受取人の口座情報を入力。
  4. 本人確認を行う。
  5. 指定先の口座へ入金。

海外送金サービスは手続きが簡単なだけでなく、手数料も安く着金もスムーズです。

会社によって送金額の上限など細かい点が異なるため、アカウント作成前にしっかり確認しておきましょう。


海外送金サービス3社の海外送金手数料

民間で提供されている海外送金サービスでは、独自の手数料基準を設けています。

送金額および通貨、為替レートなどで変動するため、詳しくは各海外送金サービスのホームページをご覧ください。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


海外送金にかかる日数は?

本記事で紹介したメガバンク・ネット銀行・海外送金サービスで、着金までにかかる日数は次のとおりです。

【メガバンク】

  • 三菱UFJ銀行:現地の法令、慣習、通信事情等により、数日またはそれ以上かかる
  • みずほ銀行:公示なし
  • 三井住友銀行:公示なし

おおむねネット銀行と同等、またはそれ以上の日数がかかります。

【ネット銀行】

  • 住信SBIネット銀行:SWIFT発信日からおおむね1日~3日程度
  • 楽天銀行:おおむね送金日+1営業日~5営業日程度

いずれも受取国の規制や手続きにより、更に数日かかる場合があります。


【海外送金サービス】

  • PayPal(ペイパル):即時
  • SBIレミット:最短10分
  • Wise(ワイズ):即座、もしくは1時間以内

送金する国によっては数日かかる場合もあります。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


まとめ

今回は海外送金の手続き方法や各種サービスの違いについて解説しました。

海外送金のやり方やサービス内容は、銀行窓口・ネット銀行・海外送金サービスで大きく異なります。
海外送金を予定している企業は、口座やアカウントを開設する前にしっかり確認しておきましょう。

公認会計士監修の経理・財務業務サポートサービスを提供しているグランサーズ株式会社では、法人が海外送金をする際の経理業務のご相談も承っています。海外送金時に発生する手数料の会計処理の仕方がわからないなどのお悩みがある場合は、気軽に問い合わせてみましょう!税理士法人が母体の会社なので、専門性の高い相談にも対応してくれますよ。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


関連記事

海外送金に消費税はかかる?手数料の課税、非課税について解説。

徹底比較!おすすめの海外送金サービスを比較しながらご紹介。

グランサーズラボ|編集部
グランサーズラボ|編集部
2021年生まれ。 BPOや業務効率化など企業成長のためになることがすき。 特にスタートアップやベンチャーなど新しいことに挑戦している人たちを応援するのが生きがい。 知りたい情報のリクエストも受け付けてます!
グランサーズグループに興味を持っていただけたという方は、お気軽にご相談ください。
<人気記事ランキング BEST5>
PDF資料ダウンロード
カテゴリ一覧