catch-img

人手不足について相談したい!問題を解決するための方法とは?

現代の日本社会において深刻な問題のひとつとされる「人手不足」は、労働人口の減少や雇用のミスマッチなど複雑な問題が絡み合い、多くの企業に倒産などリスクの原因にもなり、さまざまな影響を与えています。そこで何としてでも「人手不足」問題を解決したいと思っている企業も多いのではないでしょうか。

今回は、「人手不足」に陥る問題点と解消法について紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.人手不足とは
  2. 2.人手不足の解消法
    1. 2.1.既存社員に対する取り組み
    2. 2.2.新規採用の拡充
    3. 2.3.採用方法の見直し
  3. 3.業務効率化を考える
    1. 3.1.ITの活用
    2. 3.2.アウトソーシングの導入
  4. 4.まとめ

人手不足とは

人手不足とは企業が経営を続けていく中で必要な従業員が不足している状態のことです。

人手不足が進むと、製品やサービスに対する需要に対して、生産や提供を行う企業側の供給が間に合わないという現象が発生します。それをカバーするために1人当たりの従業員にかかる業務の負担が増えていき、そのような状況が続くと労働環境が悪化し、さらに従業員の離職が増えます。

そうなるとさらに人手不足が深刻化してますます生産が間に合わない…といった悪循環に陥ることもあるでしょう。


人手不足の解消法

人手不足を解消するために考えるべきベクトルは、いくつかあります。

それぞれの方向でどのように解消していけばよいのかを考えていきたいと思います。


既存社員に対する取り組み

人材の確保のためには、まず「魅力ある職場づくり」を進めることによって、離職率を減らし、既存社員の定着と業務効率を向上させていくことが大切です。

そのためには従業員の労働条件や労働環境の見直しを実施するとよいでしょう。

また、個々の労働力を向上させるために研修を行うことで業務効率化をアップさせることも労働環境の改善に繋がります。

人材開発のための訓練(研修など)を行うための助成金があるので利用することも考えられます。厚生労働省 人材開発支援助成金

また、非正社員の正社員登用を検討するなど、キャリアアップを促すことも労働環境の改善に繋がります。
キャリアアップ助成金も申請することが可能です。
厚生労働省 キャリアアップ助成金


新規採用の拡充

次に、新規に採用してよりよい人材を効率よく確保する必要があります。

人材確保対策として、厚生労働省に相談窓口があります。
また、政府の人材確保等支援助成金もあるので、人材確保のための資金が必要な場合は申請することも可能です。

厚生労働省 人材確保対策 

厚生労働省 人材確保等支援助成金


採用方法の見直し

人手不足を解消するためには、従来通りの新卒者の募集だけにとらわれずに、働き方改革でも一つの柱になっている高齢者や女性、障がい者の雇用も積極的に進める必要があります。


高齢者の積極的雇用

少子高齢化が急速に進む中で、高齢者の雇用は増加傾向にあります。

経験豊富で優秀なシニア人材の力を活かすことができれば企業の成長につながります。

高齢者の積極的雇用を促進するための助成金があります。
厚生労働省 65歳超雇用推進助成金


障がい者の積極的雇用

障がい者の民間企業の法定雇用率は2.3%です。従業員を43.5人以上雇用している事業主は、障害者を1人以上雇用しなければなりません。自分の会社に障がい者を迎え入れる場合、従業員一人ひとりが個人的な気遣いや関心を示せるだけの余裕と、障がい者が安心して働くことができる職場の雰囲気づくりも必要です。そうすることによって、障がい者を含めすべての従業員がいきいきとパフォーマンスを最大限に発揮できる職場環境が醸成され、離職率は確実に減少します。

障がい者を雇い入れたときに認められる助成金の制度もあるので、活用するとよいでしょう。
厚生労働省 障害者を雇い入れた場合などの助成

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


業務効率化を考える

コスト削減による生産性向上や業務効率化を進めることは、売上の向上だけでなく残業時間の短縮や業務自体のやりがいなど従業員のワークライフバランスの配慮に繋がり「人手不足」解消の近道になります。


ITの活用

業務効率化のためにはITの活用が有効です。IT活用というと、大規模なシステムの導入やITシステムの一括変更が必要だと思い込んでしまう方もいるかもしれませんが、実際にはそこまでではなく、例えば1つアプリやツールを使用するだけでも、部分的に少しずつ業務効率を改善するといった効果もあります。


コミュニケーションツール

例えば、社内のメールでのやり取りを社内SNSにするだけで、よりリアルタイムなコミュニケーションが生まれます。

コミュニケーションツールとして代表的なものに、「Slack」や「Chat Work」、「Microsoft Teams」、「Zoom」などが挙げられます。


クラウドサービス

また、クラウドサービスを利用して、従業員が保持している業務の進め方などの情報を一元化し、各従業員がいつでもどこでもアクセスできるシステムを構築することで、情報のやり取りの手間を格段に減らすことができます。

代表的なクラウドサービスとして、「Google Drive」、「Drop Box」、「iCloud Drive」などが挙げられます。


RPA

また、大企業では、データ入力などの単純作業をAIやロボットなどRPAによってオートメーション化する傾向がありますが、これは今後、中小企業でも進んでいくことが考えられます。RPAは、業務量が増加しても疲弊によってミスをしたり、長時間労働でストレスを抱えたりすることもしないため、長期的な観点からみれば効率だけでなくコストの面においても効果的な施策であるといえるでしょう。

RPA の代表的なツールとして、「WinActor」、「UiPath」、「Automation Anywhere」、「NICE」などが挙げられます。


IT化を進めるために補助金の申請も可能です。
 IT導入補助金


アウトソーシングの導入

事業の効率化を図り、スタッフが幸せな職場にするためには、正社員だけでなく、様々な採用法をうまく使っていく必要もあります。

オンラインアシスタントは、インターネットを利用して企業の業務をサポートしてくれるサービスです。インターネットを介して、総務、経理、人事などのバックオフィス業務をカバーしてくれます。

利用者にとってオンラインアシスタントの特徴は、高いスキルをもつ人材を、必要なタイミングで必要な量だけ利用することができる点です。

『SUPPORT+iA』は、『グランサーズ株式会社』が運営する個人事業主やスタートアップ企業におすすめのオンラインアシスタントです。庶務、財務、経理、人事・労務、総務などのバックオフィス業務全般を、オンライン、オフラインでカバーしてくれます。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!

まとめ

今回は、人手不足を解消するための解決策をご紹介しました。

既存社員の育成と採用への取り組み、そして労働環境の改善が必要です。

人手不足は、多くの企業を悩ませる大きな問題のひとつです。また、働き方改革や新型コロナウイルスの感染拡大などによる世界情勢の混乱など、企業が直面する問題が多い昨今において、自社の状況を明確に把握し、必要な対策を講じることがとても重要です。

会社の業務効率化にお悩みの方は、『グランサーズ株式会社』に相談してみてください。税理士法人が母体となっており、公認会計士や税理士によるアドバイスも受けられますよ。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!​​​​​​​

グランサーズラボ|編集部
グランサーズラボ|編集部

2021年生まれ。 BPOや業務効率化など企業成長のためになることがすき。 特にスタートアップやベンチャーなど新しいことに挑戦している人たちを応援するのが生きがい。 知りたい情報のリクエストも受け付けてます!

オンライン秘書とは?オンライン秘書について解説します。

2021-08-03 10:00

リモートワークの導入増加に伴い、様々な課題も現れてきています。本記事では、リモートワークに関する悩みや課題を、解決方法と共にご紹介していきます。

バックオフィス業務をオンラインで!?バックオフィス業務のオンライン化について解説。

2021-09-03 10:00

働き方改革やテレワーク化が進む昨今の社会情勢では、バックオフィス業務の効率化が必須。そしてバックオフィス業務の効率化には、バックオフィス業務のオンライン化が有効と言えます。 しかし、どの業務からオンライン化するべきなのかわからないという方も多いのでは。 そこで今回は、オンライン化できるバックオフィス業務の種類や、バックオフィス業務のオンライン化のメリットなどを紹介します。

AIアシスタントとは?サービスの種類や活用方法についてご紹介します

2021-05-25 10:00

最近、さまざまなところで耳にするようになったAI(人工知能)。AIを活用したサービスが次々とリリースされるようになりました。今回は、AIアシスタントが搭載されているサービスの種類や、AIアシスタントの活用方法について紹介したいと思います。

オンラインアシスタントとは?特徴や選び方など導入を検討している方向けに詳しく解説

2021-02-17 17:59

近年、導入企業の増えているオンラインアシスタントとはどのようなサービスなのかについて、特徴や業務範囲を中心にメリット・デメリットを紹介する記事です。

バーチャルアシスタントとは?オンラインアシスタントとの違いや活用方法について詳しく解説します。

2021-05-21 10:00

オンラインアシスタントとバーチャルアシスタントは別物ですが、よく混同してしまうことも。そこで今回は、オンラインアシスタントとバーチャルアシスタントの違いを説明したいと思います。

グランサーズグループに興味を持っていただけたという方は、お気軽にご相談ください。