catch-img

経理・総務を業務委託するならどこがいい?おすすめのオンライン秘書サービス

オンラインアシスタント・秘書サービスなら「サポーティア(SUPPORT+iA)」
オンラインアシスタント・秘書サービス:サポーティア(SUPPORT+iA)資料ダウンロード

秘書業務をはじめ、バックオフィス業務全般をオンライン上で簡単に外注できるオンライン秘書サービス。いずれのサービスでも、基本的な対応業務は共通していますが、サービスごとに業務代行の体制や得意分野が異なるため、自社にはどのサービスが合うのかを見極めることが重要です。本記事では、特に経理・総務の業務を外注したい場合に、サービス選びにおいて押さえておきたいポイントと、おすすめサービスを紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.経理・総務を外部に委託するメリット
    1. 1.1.オンライン秘書とは
    2. 1.2.メリット
  2. 2.依頼できる内容
  3. 3.ニーズ別!おすすめのオンライン秘書サービス
    1. 3.1.専門性とコストパフォーマンスを重視するなら
    2. 3.2.安くしたい
    3. 3.3.広範囲な業務を依頼したい
  4. 4.経理・総務を任せる際の注意点
    1. 4.1.秘密情報保持契約の締結
    2. 4.2.依頼する業務のフロー化・マニュアル化
    3. 4.3.アシスタントのスキル・経験にばらつき
  5. 5.経理・総務業務に特化したサービスもある

経理・総務を外部に委託するメリット

経理・総務を外部に委託するメリット

オンライン秘書とは

オンライン秘書とは、秘書業務を含むバックオフィス業務を、オンライン上で業務委託できるサービスです。オンラインアシスタントとも呼ばれます。オンライン秘書を利用する場合、サービス提供会社と契約を結び、依頼する業務に応じて、サービス提供会社が所属スタッフから人選を行い、業務を代行します。


メリット

オンライン秘書を利用するメリットは、コストを抑えながら即戦力となる人材に業務を任せられることです。オンライン秘書サービスには、担当業務についての知識と経験を持つ人材がそろっています。そういった人材を社員として雇ったり、一から教育したりするには、普通であればコストも時間もかかります。オンライン秘書なら、コストと時間をかけずに、優秀な人材に業務を委託でき、バックオフィス業務をすぐに効率化できます。

いずれは社員を雇うか、今いるスタッフを教育していきたいが、今すぐに着手する余裕がないという場合も、オンライン秘書を利用して業務を効率化することで、人手や時間に余裕が生まれ、新たな取り組みの可能性を広げてくれます。


依頼できる内容

依頼できる内容

オンライン秘書には、秘書業務はもちろんのこと、バックオフィス業務全般を依頼できます。具体的には、庶務、総務、経理、財務、人事・労務などの業務を依頼可能です。営業支援やWebサイトの管理運用、海外の取引先向けの対応も可能なサービスもあります。

それぞれの業務についてどこまで対応してもらえるかということも、サービスによって異なります。たとえば、経理業務であれば、記帳代行、入金・支払消込、月次締め処理、総務業務であれば、契約書製本、議事録作成、反社チェックなどが依頼の多い仕事です。

サービスによる対応範囲や得意分野の違いがあるので、具体的にサービスを比較検討する際は、依頼したい業務にどこまで対応してもらえるか確認しましょう。


ニーズ別!おすすめのオンライン秘書サービス

ニーズ別!おすすめのオンライン秘書サービス

専門性とコストパフォーマンスを重視するなら

質とコストどちらも重視して選ぶなら、オンラインアシスタント・秘書サービス「SUPPORT+iA(サポーティア)」がおすすめ。

公認会計士が運営・監修しており、特に財務・経理業務に高い信頼性を誇ります。サポーティアはバックオフィス業務に特化しており、庶務/財務/経理/人事・労務/総務の業務をまるごと依頼することも可能。業務の担当者はすべて正社員で、採用率1%未満の厳しい採用基準を設けており、経験豊富と専門知識でフォローを徹底しています。作業内容に応じて税理士法人との連携することもできます。チーム内でのノウハウ連携や社内教育も可能で、サービス品質が安定しています。

料金プランは以下の通り。実働時間に応じたプランを選択でき、高いサービス品質ながら、コストを抑えることが可能です。

  • 月15時間:82,500円(税込)/月

  • 月20時間:107,800円(税込)/月

  • 月30時間:151,800円(税込)/月

  • 月40時間:198,000円(税込)/月


安くしたい

とにかく価格を抑えたい場合は「Fammオンラインアシスタント」や「フジ子さん」

「Fammオンラインアシスタント」は、バックオフィス業務からWebサイト運用に関する業務まで幅広い業務に対応しており、必要な業務だけをリーズナブルに外注できます。所属するアシスタントは、大手企業での勤務経験や多彩なスキルを保有する、実務経験3〜5年以上の20〜40代の主婦が中心。料金プランは、3カ月契約で月額73,500円(税込)、時給換算で2,450円(税込)。

「フジ子」さんは、オンライン秘書のなかでもリーズナブルな価格設定で人気のサービス。秘書・総務/経理/人事/Webサイト運用などの業務委託に対応しています。メインアシスタントの下、実務経験豊富なアシスタントがチームで業務代行にあたります。1カ月契約、月の実働20時間のプランで51,700円(税込)から利用可能。


広範囲な業務を依頼したい

広範囲な業務を依頼したい場合は、「スーパー秘書」がおすすめ。秘書業務、経理業務の業務代行にとどまらず、YouTube関連/SNS関連/ライティング関連/WordPress関連/デザイン関連/セミナー・研修・コミュニティ事務局関連の業務委託も可能です。約100名の秘書スタッフが所属しており、専属コーディネーターと連携しながら業務を行います。秘書スタッフの採用に際しては面談、スキル確認を行い、社内訓練も実施しています。

料金プランは、以下の3つ。いずれのプランでも初期費用88,000円(税込)がかかります。

  • 月10時間相当の業務:月額38,500円(税込)
  • 月18時間相当の業務:月額60.500円(税込)
  • 月31時間相当の業務:月額92,400円(税込)


経理・総務を任せる際の注意点

秘密情報保持契約の締結

経理・総務業務では、秘密情報を扱う機会も多くあります。そのため、オンライン秘書を利用する際は、サービスを提供している会社と必ず秘密情報保持契約を結びましょう。総務・経理の業務では、企業の売上や利益に直結する情報を扱うことが多いため、特に注意が必要です。どんなに良さそうなサービスでも、秘密情報保持契約を締結してもらえないサービスは利用を避けるべきです。


依頼する業務のフロー化・マニュアル化

依頼する業務のフロー化・マニュアル化をすることで、業務の内容と業務量が明確になり、スムーズに依頼が進みます。経理・総務の業務を外注する場合、どういった内容でどの範囲まで依頼したいのか、いつまでに完了させるのか期限も明確にしましょう。時期により業務量が変動する場合は、その点も想定してフロー化・マニュアル化を行います。


アシスタントのスキル・経験にばらつき

オンライン秘書は、サービスによっては、業務を担当するアシスタントのスキル・経験にばらつきが生じやすいので注意が必要です。また、担当者が変更できないケースもあります。担当者を変更してほしいという状況にならないように、依頼したい業務を明確にした上で、それを専門に特化したサービスを選ぶことをおすすめします。


経理・総務業務に特化したサービスもある

経理・総務業務に特化したサービスもある

オンライン秘書は、自社に合ったサービスを上手に利用することで、社内で負荷が大きい業務を効率化し、事業の成長を支えてくれます。特に経理・総務業務は、事業の成長において一気に負荷がかかりやすく、一方で高い専門知識が必要なため、すぐに任せられる人材を見つけにくい業務です。

オンラインアシスタント・秘書サービス「SUPPORT+iA(サポーティア)」は、バックオフィスの業務代行に特化しており、さらに財務・経理業務に高い信頼性を誇るサービスです。総務・経理の業務負荷が課題となっている場合、ぜひ利用をご検討ください。

関連記事

監修|筧 智家至(公認会計士・税理士)
監修|筧 智家至(公認会計士・税理士)
慶応義塾大学商学部卒。監査法人トーマツにて会計監査、株式上場支援、企業の経営改善支援に従事。平成24年筧公認会計士事務所(現:税理法人グランサーズ)を開設。常に現場に入り、経営者とともに課題に取り組み、経営者と常に相談しながら経営者のニーズに応え、解決策を導き出すことをモットーにしている。スタートアップ企業からIPO(上場)準備支援まで、あらゆる成長段階の企業のサポートをしており、税務会計顧問にとどまらない経営を強くするためのコンサルティングサービスに中小企業経営者の信頼と定評を得ている。東京商工会議所専門家エキスパート、セミナー実績多数。経営者向け人気YouTubeチャンネル「社長の資産防衛チャンネル」にも出演中。
グランサーズグループに興味を持っていただけたという方は、お気軽にご相談ください。
<人気記事ランキング BEST5>
PDF資料ダウンロード
カテゴリ一覧