catch-img

WEBサイト運用とは?得られるメリットと、必要な準備について解説!

オンラインアシスタント・秘書サービスなら「サポーティア(SUPPORT+iA)」
オンラインアシスタント・秘書サービス:サポーティア(SUPPORT+iA)資料ダウンロード

誰もがインターネットを気軽に利用できるようになった昨今、WEBサイトは今まで以上に重要なものになりました。

WEBサイトは、うまく運用することで大きな集客効果を持ちます。しかし、なんとなく他のWEBサイトを真似たようなサイトでは、思うような効果が出ません。

この記事では、WEBサイト運用のメリット、運用に必要な準備と、運用の方法についてお話しします。

目次[非表示]

  1. 1.WEBサイトとは
  2. 2.WEBサイトを運用する3つのメリット
    1. 2.1.少ないコストで集客できる!
    2. 2.2.気軽にアクセスできるパンフレットになる
    3. 2.3.企業の信頼感が得られる
  3. 3.WEBサイトを運用するデメリット
    1. 3.1.ウェブサイトを運用できる人材が必要
    2. 3.2.戦略的かつ継続的なコンテンツ作成が必要
    3. 3.3.ランニングコストが必要
  4. 4.WEBサイト運用に必要なもの
    1. 4.1.サーバー
    2. 4.2.プログラミング知識
    3. 4.3.サイトの企画力
  5. 5.WEBサイトの運用方法
    1. 5.1.自社で運用する
    2. 5.2.WEBサイト運用代行サービスを利用する
  6. 6.WEBサイトを運用すれば、低コストで効果的な集客ができる!
  7. 7.アウトソースを使ってWEBサイト運用の効率化を図るなら『グランサーズ株式会社』にお任せ!
  8. 8.関連記事

WEBサイトとは

WEBサイトとは、インターネット上に設置された皆が閲覧できるコンテンツ群のことです。企業のWEBサイト(ホームページ)、個人のブログ、ニュースサイトなど、その形態は様々です。

昨今、多くの企業が自社のWEBサイトを運用しています。企業WEBサイトの目的は、自社サービスの紹介、求人、問い合わせなどが主になっています。

WEBサイトをうまく運用すれば自社の知名度が大きく上がるなど、様々なメリットがあります。そのため、様々な企業がWEBサイト運用に力を注いでいます。


WEBサイトを運用する3つのメリット

WEBサイトを運用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?代表的なメリットを3つ紹介します。


少ないコストで集客できる!

良質なWEBサイトには、検索エンジンを通じて継続的に新しいユーザーが訪れます。これは広告を出稿する費用や、営業にかかる人件費に比べて圧倒的に安価です。また、ユーザーは興味があるワードを検索してWEBサイトに訪れているので、自社のWEBサイトに興味を持つ可能性が高いと言えます。

WEBサイトを運用することで、低コストで成約率の高い人々を集客できるようになります。


気軽にアクセスできるパンフレットになる

WEBサイトは気軽にアクセスできるため、自社製品のパンフレットとしても活用できます。

消費者は小売店や口コミなど、様々な形で自社の商品を目にします。気になった商品があった場合、ネットで検索するなどして商品について調べます。その時、十分な情報が得られなかった場合、消費者はそのまま興味を失ってしまうかもしれません。

自社WEBサイトに商品の魅力、メリット、詳細な情報を掲載することで、興味を持ったユーザーに十分な情報を提供できます。


企業の信頼感が得られる

WEBサイトは、企業にとって名刺のような役割を持ちます。WEBサイト上に企業情報・会社紹介などを掲載することで、自社がどのような企業なのかを明らかにできます。それにより、WEBサイトのない企業に比べて、高い信頼感を得ることが出来ます。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


WEBサイトを運用するデメリット

WEBサイトには様々なメリットがありますが、デメリットにも留意しなければなりません。運用方法を誤れば、デメリットがメリットを上回ってしまうことがあります。


ウェブサイトを運用できる人材が必要

WEBサイト運用には様々なスキルが必要です。プログラミングスキル、サーバーの知識、マーケティング能力などが求められます。

自社にそのような人材がいない場合は、一から従業員を育成するか、外部リソースを利用する必要があります。


戦略的かつ継続的なコンテンツ作成が必要

WEBサイトは完成すれば終わり、というものではありません。新しいユーザーを獲得するために、継続的にコンテンツを作成し、WEBサイトの質を高めなければいけません。

また、闇雲にコンテンツを作ればいいわけでもなく、戦略的な計画を立てる必要があります。どのようなWEBサイトにするのか、どのように集客を行うのかなど、考えるべきことは山ほどあります。


ランニングコストが必要

WEBサイト運用には、継続的にコストがかかります。サーバー代だけではなく、コンテンツを作成する費用も必要です。

目的によっては、費用対効果が見合わなくなることもあります。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


WEBサイト運用に必要なもの

WEBサイトを運用するために、必要なものをご紹介します。


サーバー

サーバーとは、WEBサイトを設置するための土地のようなものです。サーバー機器にWEBサイトのデータを入れて、インターネットに接続することで、WEBサイトを公開できます。

しかし、サーバー機器の準備・保守作業はとても手間がかかります。なので、レンタルサーバーの利用をおすすめします。レンタルサーバーはサーバーを間借りして利用するサービスです。面倒な設定や保守作業をする必要もないため、時間の節約になります。


プログラミング知識

WEBサイトを作るには、プログラミングの知識が必要です。

求められるプログラミングスキルは、作りたいWEBサイトによって変わります。複雑で高機能なWEBサイトを作るには、様々なプログラミング言語を習得している必要があります。

一般的なWEBサイトを作るだけなら、それほど高度なものは必要ありません。最低限、HTMLとCSS、Javascriptがあれば十分です。

HTMLとCSSはWEBサイトを骨格を作るためには、なくてはならないプログラミング言語です。JavascriptはWEBサイトのメニューをスライドさせたり、お問合せフォームの不備判定を行うなど、便利な機能を実装できます。


サイトの企画力

WEBサイトを作る時に忘れがちなのが、企画力です。他のWEBサイトの見た目だけ真似ても、期待した成果は出ません。WEBサイトを作る前に、WEBサイトにどんな役割を与えるのか、どのような成果を期待するのか、どのように制作・運用するのかなどを考える必要があります。

サイトの企画には、Webマーケティングの知識が必要です。基本だけでもいいので、WEBマーケティングを学んだ上で企画を立てましょう。


WEBサイトの運用方法

WEBサイトの運用方法は、自社で行うか外部に依頼するかの2種類に分かれます。どちらにもメリット・デメリットがあるので、自社に合った方法で運用しましょう。それぞれの特徴について解説します。


自社で運用する

最もメジャーなのが、自社で運用する方法です。

簡単なWEBサイトの制作・メンテナンスだけであればそれほど難しくはないので、多くの企業が自社でWEBサイトを運用しています。

しかし、自社での運用は社内リソースを割く必要があるというデメリットがあります。月に1度程度の更新作業であれば問題ありませんが、コンテンツ発信を継続的に行う場合、作業負荷は無視できなくなってきます。

また、集客を目的とする場合、Webマーケティングのノウハウが必要になります。社内にノウハウがなければ、従業員の教育に時間をかけなければなりません。


WEBサイト運用代行サービスを利用する

自社に人的リソースが少ない、Webマーケティングのノウハウがない場合は、代行サービスを利用するといいでしょう。

代行サービスを利用すれば、習熟したスタッフがWEBサイトの制作・運用を行ってくれます。また、WEBサイトの企画・コンテンツ作成も行ってくれるので、ノウハウがなくても適切な運用ができます。

ただし、依頼内容が高度になるほど、料金は高額になります。利用を検討する上では、費用対効果を意識する必要があります。


WEBサイトを運用すれば、低コストで効果的な集客ができる!

WEBサイトを運用することで、インターネット上に自社の情報を広く伝えることが出来ます。ユーザーは検索をするだけで、あなたのWEBサイトを見つけ、情報を得られます。このアクセスのしやすさが、集客に絶大な効果を発揮します。


WEBサイト運用の方法は、企業によって様々です。そのため、これが正解というものはありません。自社のリソースや目的を踏まえて、最適なWEBサイトの運用方法を検討してみましょう。

ご質問やご相談など、コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!


アウトソースを使ってWEBサイト運用の効率化を図るなら『グランサーズ株式会社』にお任せ!

WEBサイトを運用して業務効率化をはかりたいけれど、どうすればよいのかわからない​​​​というのであれば、業務効率化のサポートを行っている『グランサーズ株式会社』に相談してみてください。

グランサーズ株式会社では、『SUPPORT+iA(サポーティア)』というオンラインアシスタントサービスを展開してくれます。インターネットを介して、優秀な人材が庶務、財務、経理、人事・労務、総務などのバックオフィス業務全般を代行してくれます。

また、アウトソーシングサービスでは、オフラインでの業務サポートにも対応してくれます。専門性の高いスタッフが会社に常駐し、コミュニケーションを取りながらバックオフィス業務を行ってくれます。訪問頻度や回数、時間などの希望にも柔軟に応えてくれますよ。


関連記事

ベンチャー企業向け!業務効率化に役立つ情報をご紹介。
オンライン秘書を雇いたい!オンライン秘書の導入に必要なことを紹介。


グランサーズラボ|編集部
グランサーズラボ|編集部
2021年生まれ。 BPOや業務効率化など企業成長のためになることがすき。 特にスタートアップやベンチャーなど新しいことに挑戦している人たちを応援するのが生きがい。 知りたい情報のリクエストも受け付けてます!
グランサーズグループに興味を持っていただけたという方は、お気軽にご相談ください。
<人気記事ランキング BEST5>
PDF資料ダウンロード
カテゴリ一覧