catch-img

BPOとは?アウトソーシングとの違いや導入を検討している方向けに詳しく解説。

オンラインアシスタント・秘書サービスなら「サポーティア(SUPPORT+iA)」
オンラインアシスタント・秘書サービスのサポーティア(SUPPORT+iA)のサービス詳細はコチラ

現在、多くの企業で業務の効率化やコスト削減などを目的に、多くの企業でアウトソーシングが積極的に取り入れられています。

ですが、自社でも利用したいと思ってはいるがどうしたらいいのかわからないという企業も中にはあるかもしれません。

そこで今回、本記事ではBPOの概要やメリットなどをわかりやすく解説します。

目次[非表示]

  1. 1.BPOとは
    1. 1.1.アウトソーシングとの違い
  2. 2.BPOを導入するメリット
    1. 2.1.コスト削減
    2. 2.2.専門業者のスキルの活用が可能
    3. 2.3.コア業務にリソースを集中させることができる
  3. 3.BPOサービスの活用イメージ
    1. 3.1.営業代行
    2. 3.2.マーケティング
    3. 3.3.コールセンター
    4. 3.4.システム開発
    5. 3.5.バックオフィス業務
  4. 4.BPOサービス業者の選び方のポイント
    1. 4.1.適正な価格であるか
    2. 4.2.依頼する業務に対応しているか
    3. 4.3.セキュリティ対策が十分に取られているか
  5. 5.まとめ
  6. 6.財務・経理業務を任せるなら『SUPPORT+iA(サポ―ティア)』
    1. 6.1.関連記事

BPOとは

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とは、自社の業務プロセスの一部について、業務の企画・設計を一括して業者に外部委託する経営手法です。

もともとは人事・経理・総務などの間接業務がBPOの中心でしたが、現在では人材育成やマーケティング、情報システムなどでも活用されており、その業務領域は年々拡大しています。


アウトソーシングとの違い

その名の通りアウトソーシングの一種ですが、アウトソーシングの定義とは微妙に異なります。最大の違いは「BPOが業務の企画・設計から業務の効果分析、効率化までを一括して外部委託する」のに対して、アウトソーシングは「自社の業務を委託するだけ」という点です。

BPOは経営そのものの改革を目指した経営戦略の一つであり、アウトソーシングは業務を担う人やサービスを外部から調達し経営を強化する手段の一つであるというニュアンスで使われることが多いです。


BPOを導入するメリット

​​​​​​​

コスト削減

BPOを導入することにより、業務の重要度や難易度が低いノンコア業務を一括で外部委託することができ、定型化されていなかったとしても、外部業者が解決まで担当してくれます。大幅な業務時間の削減を行うことができるため、他の優先度が高い業務に時間やリソースを割きやすくなり、業務が効率化されるため、結果的にコスト削減に繋がります。

また、BPOサービス事業者は幅広い業務に対応できる人材を揃えており、数多くの取引先の中でリソース分配をできるため、必要な人員を必要なタイミングで割り当てることが容易です。そのため、高品質のリソースを繁閑にあわせて無駄なく活用することができます。


効率化によるコスト削減メリットと同時に、本来固定費である人件費を変動費化させることができる点も、経営安定化にとっては大きな意味をもちます。


専門業者のスキルの活用が可能

BPOサービス業者に委託することで、より専門的なノウハウ持っている人や、その分野のスペシャリストを抱えているため、自社にない高度なスキルやリソースを獲得することができます。

また、会計や税務といった頻繁に法律や規制が変わり、年々複雑化している分野において専門的な情報を常にキャッチアップし、対応し続けることは容易なことではありません。そこでBPOサービスを利用し、その分野に精通した専門家に業務を委託することで、法改正への対応や最新のITツール導入なども迅速に行うことが可能となります。

このように、このようにBPOを導入するメリットには、単なるコスト削減や人員不足の解消以上の意味合いが含まれる場合もあるのです。

コア業務にリソースを集中させることができる

前項でも少し触れましたが優先度が高いコア業務に注力でき、収益の増加を期待できることもBPOを導入するメリットの一つです。

自社で行う必要性が低い、或いは低くなってきた定型業務であるノンコア業務は収益性が低いためBPOとして外部委託することで、コア業務に集中させる人材・活動資金を投入することができます。そうすることで、自社のコア事業の独自性・優位性を強化することが可能になります。

以上のように、BPOは委託先が専門業者であるため、任せた業務に関して心配する必要性がなくなり、結果として自社の主力業務に集中できると言えます。



BPOサービスの活用イメージ

ここでは業務別にBPOサービスの活用例をご紹介していきたいと思います。


営業代行

フィールド営業や電話やメールなどの非対面営業に加えて見込み営業から、営業活動そのものの戦略立案などの一連の営業業務の代行。


マーケティング

マーケティング・アナリティクスやコンテンツ管理、キャンペーン管理など顧客とのコミュニケーションに関する企画立案から制作、運用やデータ活用までのマーケティング業務の一連のプロセスの代行。また、マーケティングリサーチからイベントの企画運営など顧客とのコミュニケーション戦略立案を目的にした業務の代行などその役割は拡大しています。


コールセンター

顧客からの問い合わせメールや電話対応などの「インバウンド」業務や来客促進やアポイント獲得、アンケートなどこちらから顧客に電話やメールで連絡する「アウトバンド」業務の代行。


システム開発

顧客・クライアントの要望に応じて、設計から開発、運用から維持などその業務のマネジメントまでの一連のプロセスの代行。


バックオフィス業務

短期間に業務が集中しがちな給与計算や健康保険・厚生年金保険・労災保険・雇用保険等などの社会保険に関する各種手続きなどバックオフィス業務全般の代行。

また、バックオフィス業務は全体的に手間と時間がかかり、属人化しやすい業務も多々あるため、優先的にBPOを導入することをお勧めします。


BPOサービス業者の選び方のポイント

適正な価格であるか

コストパフォーマンスが高い業者を選ぶことはもちろんですが、単純に安いだけの業者を選ぶことは避けたほうがいいでしょう。依頼する業務に対して自社が求める品質を保つことができているか、思わぬ事態が発生した際にしっかりとリスクヘッジが取られているかなど過去の実績や費用の内訳などを確認し、安心して委託できる業者かどうかを見極めることが重要です。


依頼する業務に対応しているか

委託する業者がしっかりと専門的な知識や技術を持ち、対応できる業務の領域を示しているかどうかは非常に重要です。専門領域を明確にしている業者を選ぶことで満足のいくサービスを受けることができ、より高いコストパフォーマンスを期待できると思います。


セキュリティ対策が十分に取られているか

自社の業務を委託する場合には、会社の機密事項や顧客情報などをBPOサービス業者に共有する必要があります。そのような情報が万が一にも漏えいした場合は、信用問題となり多大な損害を被ってしまいます。このような状況を避けるためにもBPOサービス業者の信頼性やセキュリティ品質基準などを確認することは極めて重要です。

信頼できる業者を選ぶポイントは、適切に個人情報を取り扱っていることを示す「プライバシーマーク」を取得している業者を選ぶことです。


上記以外にも、事業者の企業風土や雰囲気など指数化できない部分も考慮し、委託先の事業所見学など、可能な限り直接見聞きすることもおすすめです。


まとめ

今回はBPOの概要やメリット、活用イメージから業者選びのポイントなど多岐にわたりご紹介しました。BPOを活用することで業務時間やコストを削減できるだけでなく、余裕ができたリソースをコア業務に集中できるようになって収益の向上も期待できます。

BPOにはマーケティングや情報システム、営業など、各業者得意の専門分野が異なります。業者によっては自社のシステムと合わない場合も考えられるので、BPO業者選定の際はその点もよく考慮し、自社に合ったBPO業者を選んでみてください。


財務・経理業務を任せるなら『SUPPORT+iA(サポ―ティア)』

グランサーズ株式会社が運営する『SUPPORT+iA(サポ―ティア)』は、税理士法人が母体となっていることもあり、財務・経理業務に強いオンラインアシスタントです。公認会計士や税理士がチームを組んでサービスの監修にあたっており、クオリティの高いサービスを提供してくれます。もちろん、総務や労務といったほかのバックオフィス業務も担当してくれるので、コア業務に集中したい経営者の方におすすめです。


『SUPPORT+iA(サポ―ティア)』ならオフライン業務にも対応可能です。法律的に問題ない内容であれば、役所などへの提出代行などもお引き受けできます。『SUPPORT+iA(サポ―ティア)』を運営しているグランサーズ株式会社では常駐型のアウトソーシングサービスも提供。希望があれば、スタッフが会社に常駐しながら業務対応してもらうことも可能です。


なお、IPO支援やSES(システムエンジニアリングサービス)など専門性の高い業務は『SUPPORT+iA(サポ―ティア)』でできませんが、同じ運営会社内の別サービスが提供しているので、相談すれば柔軟に対応してくれます。バックオフィス業務を一任してコア業務に専念できるので、売上アップや事業の拡大に集中して取り組めるでしょう。


関連記事

経理をアウトソーシングする際の費用目安は?安いだけで選んで失敗することも​​​​​​​

外注費とは?給与や支払手数料との違い、仕訳の注意点

グランサーズラボ|編集部
グランサーズラボ|編集部
2021年生まれ。 BPOや業務効率化など企業成長のためになることがすき。 特にスタートアップやベンチャーなど新しいことに挑戦している人たちを応援するのが生きがい。 知りたい情報のリクエストも受け付けてます!
グランサーズグループに興味を持っていただけたという方は、お気軽にご相談ください。
<人気記事ランキング BEST5>
PDF資料ダウンロード
カテゴリ一覧